芋ようかんと舟和

明治30年前半、浅草寿町で、芋問屋を営んでいた創業者小林和助が、当時は効果で庶民の口に入らなかった煉ようかんの代わりにと考案し、完成したのが芋ようかんです。

明治35年、現在地浅草1丁目22番10号に羊かん司舟和を創業しました。

芋ようかんは、原材料のさつま芋を一本一本手で皮をむき、着色料・保存料・香料はいっさい使わず、さつま芋と砂糖と少量の食塩で造りあげています。
甘さをおさえ、素材がもつ素朴で自然な風味をそのまま生かしております。
芋ようかんの風味の良さと口あたりの良さにより、お子様から、ご年輩の方々まで、幅広く好まれているのが特徴です。

又、芋ようかんは、そのまま召し上がっても、もちろん美味しくいただけますが、
そのままオーブンで焼いて、香ばしい焼き芋の味
フライパンなどで、バターやマーガリンで焼いて、洋風の味など、いろいろ美味しい召し上がり方がございます。



全国の百貨店での販売の他、年間を通して宅配も承っております。
どうぞご利用ください。

店舗情報
宅配のご注文はこちら